【放置少女】攻略情報まとめ

【1歳】娘の大学進学費用(学費)をジュニアNISAで運用しています【2年目(2020年)】

楽しい子供時代投資信託
この記事は約7分で読めます。
この記事を書いた人
ひろきち

YouTubeやニコニコ動画のゲーム実況が好きです。 牛沢さん、おやつさんを視聴しています。 最近は鬼滅の刃や本好きの下剋上にハマってます。

ひろきちをフォローする

娘の学費を学資保険ではなくインデックスファンドで運用することにしました。

2019年生まれの娘にジュニアNISAで口座を作成し、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで毎月1万円学費を積み立てます。
※2年目からグローバル3倍3分法ファンド+eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)に変更します。

大学受験の頃には、拠出金が216万円(12万×18年)になるので、大学進学費用の足しになるだろうという考えです。

【1歳】のインデックス投資、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用結果及び経過を紹介します。資産運用開始から【2年目(2020年)】の結果です。

昨年【1年目】の結果はこちら

来年【3年目】の結果はこちら(未作成)

この記事をご覧の方には「毎月一定の金額を貯金している方におすすめの投資信託|インデックスファンドの投資≒貯金!?」も参考になります。

毎月一定の金額を貯金している方におすすめの投資信託|インデックスファンドの投資≒貯金!?
資産を作ろうと考えている方の中には、毎月一定額の貯金をしている方も多いでしょう。もしかしたら、毎月決まった金額で利用できる投資方法を探している方がいるかもしれません。そんな方には、毎月一定の金額で投資できるインデックスファンドがおすすめです。インデックスファンドはNISAに対応しているため税金もお得になります。
私が投資信託に選んだインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

スポンサーリンク

積立投資は2種類のファンドを均等に利用

積立投資で利用する商品は、下記の2種類のファンドです。掛け金も50:50の均等に振り分けて投資を行います。

  • グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の紹介

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)については、日興アセットマネジメントの公式サイトグローバル3倍3分法特設サイトを参照ください。

グローバル3倍3分法ファンド スペシャルサイト
グローバル3倍3分法ファンドは、幅広い資産への分散効率を保ったまま“3倍化”を図ることにより、株式ほど下がらず、株のように上がる、“増やすための分散”となることをめざしたファンドです。

【グローバル3倍3分法ファンド】庶民のFIREに必要不可欠?なぜ3倍なのか?5倍にしない理由があった!も参考になります。

https://samurai-investor-n.com/?p=2040

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の紹介

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は私がiDeCoで購入している商品です。

iDeCoで運用する資産を「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」と「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」に変更しました
2018年4月からSBI証券を利用してiDeCoに加入しています。 現状月額5,000円ですが、年金に自助努力が必要であることが自明で、掛け金を60歳まで引き出すことができないのが資産形成に魅力という理由で加入しています。 2019年に掛け金を10,000円まで増やしてました。ちなみに、会社員は最大23,000円までiDeCoの賭け金を増やせます。 「eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)」が廃止予定銘柄となっていたため、「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」と「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の2種類に50:5075:25で投資するように変更しました。

現状の金額推移を見る限り、eMAXIS Slimシリーズで最もバランスの取れたファンドがeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)だと考えています。

eMAXIS Slimシリーズについては簡単・初心者向けの資産形成 (長期投資)も参考になります。

簡単・初心者向けの資産形成 (長期投資)
初心者がどのように投資して無難に資産形成すれば良いか、元記事・コメントへの補足としてまとめました。中級者以上の方は読む必要が無い記事…

楽天証券の毎月引き落とし日の設定や購入方法について

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は楽天証券で購入しています。

楽天証券では、毎月引き落とし日が自由に設定できる(1日~28日)他、スポットの購入も可能です。

1年目に投資したセゾンの口座に資金が7万円ほどあります。

しかし、ジュニアNISAで購入した資金は移動できないようなので、グローバル3倍3分法ファンドの購入資金に割り当てることはできないようです。

仕方がないので、2020年は毎月15,000円ずつ定期購入することにしました。

15,000×11=165,000ですが、セゾン口座にある約70,000円を合わせれば、毎月1万円2年分の10,000円×24=240,000とほぼ同額となります。

2021年からは毎月1万円の積立に戻します。

【1歳】時のインデックス投資運用実績

2020年の運用結果及び経過は下記の通りです。今後毎月更新していきます。

2020年の投資信託運用結果
月日購入金額年利現在評価額元金合計元金差額元金倍率
2020年
2月7日
15,00012.32%15,15415,0001541.01
2020年
3月4日
15,000-30.60%28,47030,000-1,5300.95
2020年
3月17日
30,001-72.10%52,79160,001-7,2100.88
2020年
5月4日
15,0000.00%60,00060,0000,0001.00
2020年
6月4日
15,0000.00%75,00075,0000,0001.00
2020年
7月4日
15,0000.00%90,00090,0000,0001.00
2020年
8月4日
15,0000.00%105,000105,0000,0001.00
2020年
9月4日
15,0000.00%120,000120,0000,0001.00
2020年
10月4日
15,0000.00%135,000135,0000,0001.00
2020年
11月4日
15,0000.00%150,000150,0000,0001.00
2020年
12月4日
15,0000.00%165,000165,0000,0001.00

2020年2月~3月はコロナウイルスの影響で評価が下がる

2020年2月~3月は中国発のコロナウイルスの影響で経済に大きな影響が出ました。

2月の中旬頃から株式市場にも影響が出始め、3月には日経平均が2万円近くまで下がるほどになっています。ただ、長期投資の観点で見れば、今が買いとなります。

ドルコスト平均法を利用して淡々と積み上げるだけですが、一時的な評価減に右往左往しないよう注意しましょう。

3月17日に2ヶ月分買い増し

価格が大幅に下落したため、長期投資で言うところの買い時と判断しました。私が出資しているとはいえ、娘の資産なのでやや気が引けましたが、長い目で見ればプラスになると考えています。

タイミングを見て、今年分の金額を購入してしまう予定です。来年以降は積み立てNISAの移行ができるので、今回だけの処置になると思います。

購入方法をドルコスト平均法に戻す

暴落を目の当たりにしたらどうするか(追加投資のルールなど)を読んで、今後のスポット購入について考えました。

暴落を目の当たりにしたらどうするか(追加投資のルールなど)
以前、「暴落を待って投資する?」という記事の中に、個人的な見通しでリスク資産(国内外の株式や債券など)をすべて現金化し、タイミングを計って投資するようなことは私には怖くてできない、と書きました。国際分散インデックス投資家としては、基本的には、タイミングを計って高値売りの安値買いを狙ったりせずに、自動積み立てと定期的なリ...

一度スポット購入をしましたが、株価がどの程度の期間低迷するか、底値の判断をどうやって行うかについて、明確な答えが出せなかったため、ドルコスト平均法での購入方法に戻すことにしました。

4月1日から毎月1万円(各5,000円)の購入に戻します。

15,000ほど今年の購入金額が余ってしまうので、今年のどこかで底値だと考えた時点で購入することにします。

株価を気にしながら日常生活を送るのはあまりいいことではないので、あくまでドルコスト平均法での購入にて”ほったらかし”で投資を行うようにします。

年間を通しての感想

年末に追記します。

私が投資信託に選んだインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

初心者におすすめのインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

今まで様々な貯蓄、投資方法を試してきましたが、最も自分に合う投資方法はインデックスファンドを利用したほったらかし投資法でした。

資産形成の方法と種類を紹介|資産の形成は早く始めたほうがお得!!
資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、日本の株式と債券に1/4ずつ、海外の株式と債券に1/4ずつ投資するファンドです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのメリット

株式価格が上がると債券価格が下がり、債券価格が上がると株式価格が下がる傾向にあります。

そのため、日本と世界が好景気であっても不景気であっても、世界経済が毎年数%の成長をする限り、年利も数%になるという商品です。

リスクを極限まで減らしつつ、銀行の預金金利よりはるかに高いリターンが期待できる商品設計が気にっています。

申し込みから初回引き落としまで約2ヶ月かかる

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、申し込みから実際の引き落としまでは2ヶ月ほど時間がかかります。

ですが、一度申し込みをしてからは毎月4日に引き落とし、毎月23日頃にファンドの購入を継続的に行ってくれます。

引き落とし日に銀行残高が足りない場合は引き落としされませんが、2ヶ月連続で引き落としされないと自動引き落としが強制的に終了となってしまうので注意しておきましょう。

私が投資信託に選んだインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

関連記事「【2017年】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用実績【1年目】

【2017年】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用実績【1年目】
2017年のインデックス投資、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用結果及び経過を紹介します。 2017年の成績は年利4.82%、元金501,860円に対して評価額526,063円、利益は24,203円でした。なお、元金合計に対する評価額は、1.05倍となっています。

このファンドを選ぶきっかけになった書籍も紹介しておきます。

タイトルとURLをコピーしました