【放置少女】攻略情報まとめ

天職に転職だ

天職に転職だ 天職に転職だ

”天職に転職だ”では、転職情報や仕事観、就活・就職、独立開業・副業について紹介しています。
また、下記のコンセプトで運営されています。

1.日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
2.日本の労働市場の流動化を促進する
3.日本の労働観「大企業に就職すれば幸せである」以外の価値観を提供する

転職サービスの登録もおすすめです。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。
自分の市場価値を確かめるためにも登録を推奨します。

勝ちパターンのない時代になった

確認・チェック

終身雇用が事実上崩壊した

終身雇用制度が事実上崩壊しているにも関わらず続けられる新卒一括採用と終身雇用前提の給与体系に疑問を感じている方も多いと思います。

現時点では崩壊している終身雇用制度のメリットとデメリットについて
終身雇用制度、今では形骸化していることは誰の目にも明らかですが、一向になくなる気配を見せることがありません。それなら、終身雇用制度にはなくしてはいけないほどのメリットがあるのでしょうか?今回は現時点では崩壊している終身雇用制度のメリットとデメリットについて考えます。

新卒一括採用のデメリットが目立つようになった

新卒一括採用にはメリットもありますが、昨今の労働問題の主な原因にもなっていると私は感じています。

新卒一括採用の弊害と日本の雇用制度の歪みについて
新卒一括採用の弊害と日本の雇用制度の歪みについて、ベンチャー企業のスタートアップも経験している管理人から見た経営者の考え方も交えつつ紹介します。

決まった勝ちパターンのない時代に

難関大学を出て大企業に入社すれば人生ほぼ勝ち組となっていた時代は終わり、これからは自分の人生をどのように生きていくのかを一人ひとりが考えなければいけない時代になると感じています。

天職は探したり見つけたりするものではなく自然に”なる”もの
一般的に日本では、「天職」は探すもの、見つけ出すものとして捉えられているように思いますが、私はそのように考えていません。天職とは、探したり見つけたりするものではなく、自然と”なる”ものだと考えています。

解雇規制による労働市場の固定化が諸悪の根源

学習・スケジュール・確認

労働者が辛いのは市場が固定化しているから

日本の労働環境が諸外国に比べて劣悪であることや企業の給与体系が全時代のシステムそのままにされている原因として、労働市場の固定化が挙げられると考えています。

気軽に転職できる社会になることが結果として全体の給与を適正化する
名だたる大企業の不正、電通の若手社員が自殺したり、東芝や日産、神戸製鋼など、これらの不祥事が発生する原因は分かっています。単純に日本の雇用が固定的で流動性が低いことが、多くの問題の本質なのです。もっと言えば、終身雇用と解雇規制が原因です。

もっと転職が身近になれば劣悪な労働環境はなくなる

もっと多くの人に転職を身近に、そして実際に転職をしていただく機会を増やす助けになればと思い、”天職に転職だ”を立ち上げました。

劣悪な労働環境からはただ逃げればいいのです。我慢すればするほどあなた以外の誰かが笑います。

ブラック企業を支えているのは利用者ではなく従業員である
みなさんお気づきの通り、ブラック企業を支えているのは利用者ではなく、そこで働く従業員なのです。彼らは被害者である一方で加害者でもあります。 こんな現象が起こってしまうのも、労働市場の固定化が原因となっています。

管理人と家族の経歴

確認・チェック・案内・ポイント

管理人の略歴

私自身は地元の国立大学を卒業してから、新卒採用時には地元から離れた地方の中小企業(従業員数200人程度)に就職し、2年程度でベンチャー企業に転職し、8年ほど経って独立し、今は個人事業を営んでいます。こんな経歴のため、大企業に就職した経験をはありません。

ベンチャー企業で働くことのメリットやデメリットについて
私はベンチャー企業のスタートアップにアサインされた経験があるため、会社がどのような仕組みでできているのか、会社はどのように運営すればいいのか、起業はどうやったらできるのかなどを、学問としてではなく現場で必死で働きながら覚えることができました。
2017年の確定申告に“freee”を使ったら楽ちんだった
2018年になり、1月15日から2017年の確定申告が提出できるようになりました。私は昨日初めての確定申告を終えてきましたが、freeeのおかげで全く苦労することなく確定申告を終えることができました。今回は、自分の経験をこれから確定申告が必要になる方にも共有するため、freeeを利用した確定申告が簡単にできたことと、私がfreeeのメリットを最大限活かすためにやったポイントをお伝えします。

管理人の家族の経歴

しかし、私の両親や兄弟姉妹は大企業に勤めておりますので、自身の体験談には劣ると思いますが、比較的現在の実情にあった情報が分かっているとも思います。

【就活生向け】大企業にも種類がある!?大企業の業種別分類方法
就活する前の自己分析がしっかり行えていれば、自分がどのような業界や業種に興味を持っているか、また同時に自分がどのような働き方をしたいと考えていて、どのような人生設計をしているかなどについても大まかに把握できていることでしょう。今回は、そんな就活を始める方に向けて、大企業の業種による働き方の違いについてお伝えします。

親・東証一部5万人
兄弟姉妹・1万→1万→3万、いずれも東証一部
私・200人程度の未上場企業→ベンチャー立ち上げ→起業

ほとんどの人が知らないキャリアを経験しました

親兄弟という身近な存在は大企業に勤めていて、私自身は中小企業、ベンチャー企業、起業と企業規模が段々小さくなるというキャリアを経ています。

なので、大企業しか知らない人よりも、中小企業しか知らない人よりも、大企業と中小企業のメリットとデメリットについてお伝えできると思います。

【就活生向け】大企業と中小企業で働くメリットとデメリットについて
親兄弟という身近な存在は大企業に勤めていて、私自身は中小企業、ベンチャー企業、起業と企業規模が段々小さくなるというキャリアを経ています。 なので、大企業しか知らない人よりも、中小企業しかしらない人よりも大企業と中小企業のメリットとデメリットについてお伝えできると思います。
仕事について

もう日本企業に勤めても幸せになれないかも知れない

私自身、外資で働くという答えは出しませんでしたが、今の日本企業で働いていても幸せになれないとは強く感じています。結局、フリーランスを選ぶことにしましたが、この選択ができたのも妻が出産後も仕事を続けやすい職種だったことは大きいです。妻には感謝してもしきれません。

今回は、私が職務経験を通じて感じた日本企業への絶望感を紹介します。もう日本企業で働いても幸せにはなれないかもしれません。

仕事について

役に立つ趣味などない!読書なんかクソくらえと思っているあなたに

職場でアラフォーやアラフィフ世代の方々と接していると、よく「趣味は何?」といった話題を振られると思います。 こういった場合に、馬鹿正直に自分の趣味である“ゲーム”などと言えば、すぐさま「もっと読書など役に立つ趣味をしたらどうかね?」なんて言われることは間違いありません。 ゲームでいうところの負けが決まったイベント戦闘なので、実際の趣味とは別の楽器演奏や音楽鑑賞、映画鑑賞などの、無難な趣味を一つ用意しておくのもいいでしょう。 私は読書が趣味の一つなので、楽器演奏やゲームなどより、話題を広げやすい読書で答えることにしています。 特に中高年の方には、ゲームやアニメが趣味として成立すると思っていない節があります。 今やプロゲーマーやYouTuberすらいる時代なのに、彼らは全く時代についていけてないようにすら思えます。 今回は、読書などを高尚な趣味としたがる方の鼻っ柱を折るために、役に立つ趣味などないことをお伝えしようと思います。 ただ、ここの意見をそのまま職場で言っても、浮いてしまうだけなので気を付けてください。
仕事について

仕事ができない奴は「決断力」がない!ダメなビジネスマンに共通する特徴

R-25の記事「マネージの意味が“管理”? ハズレです」に以下の言及がありました。

「トレードオフに直面したときにどちらかを断言できないマネージャーは二流」

これはキャリアアップを目指す全ての人に重要な提言であると同時に、一般社員として働く方にも知ってもらいたいことです。

というのも、トレードオフを明言できない=「決断力」のない社員は、管理職でなくても仕事の邪魔にしかならないからです。

今回は仕事ができない奴は「決断力」がない!ダメなビジネスマンに共通する特徴についてお伝えします。

副業・独立

自営業者が引っ越した時に必要になる税務署への連絡などまとめ

つい最近、自営業(個人事業主・フリーランス)になってから、初めて引っ越しをすることになりました。 通常の引っ越しであれば、不動産会社に連絡をして、水道・電気・ガスの利用開始と停止、クレジットカードや各種WEBサービスの登録内容変更をすれば、大抵の手続きは終わるでしょう。 しかし、自営業者の場合は、引っ越しすると管轄の税務署が変わる可能性が高くなります。それでなくても、納税地(住所)が変わるため、「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」の提出は必須です。 また、振替納税を行っている場合は、「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」の提出も必要になります。 ただ、自営業者に必要な手続きはこれだけなので、書類を作成し郵送するだけで手続きは終了となります。 それでは、自営業者が引っ越した時に必要になる税務署への連絡の詳細と、ついでに私が引っ越しで行ったもろもろの手続きについて紹介します。
仕事について

【損得勘定】経済合理的な行動を心がければ豊かになれる

日大の危険タックル問題が話題になったのは、記憶に新しいと思います。 この問題を通して、組織・企業の隠ぺい体質が根深いことや、日本の上層部がいかに責任を取らないかを客観的に知るいい機会になったと思います。 私も一国民としてこの問題を注視していましたが、大企業のコンプライアンス違反とそっくりなことに気付きました。
副業・独立

独立して在宅ワークを始めてから気付いた4つのこと

独立して1年近くになりますが、個人事業主(フリーランス)として、在宅ワークを続けていると、会社員時代には思いもしなかったことに気付かされることがありました。 今回は独立して在宅ワークを始めてから気付いた4つのことを紹介します。
2019.07.02
仕事について

会社への不満は原因を特定して改善しないと不幸になる

会社帰りの飲み会で、会社への不満や愚痴で盛り上がってしまうこともあるでしょう。 しかし、会社への不満は、原因を特定して改善のために行動しないと、あなたが不幸になる原因になりかねません。 例えるなら、お菓子を食べながら「痩せたいけどなかなか体重が減らないんだよね~」と言っているようなものです。 自分が最も欲しているものが何か、そのために今できる最善の行動は何か、常に考えていないと、何となく生きているだけの人生になってしまうかもしれません。 今回は、会社への不満としてよくある事例と、その解決方法についてお伝えします。
2019.07.02
仕事について

会社への不満を解消する方法はたった2つ|転職と独立について

つい最近、学生時代の同級生と飲みに行く機会がありました。 学生時代は毎日のように顔を合わせていても、仕事を始めるとそうそう会えなくなってしまうものです。 私が独立して時間に余裕ができたこともあり、久しぶりに有意義な時間を過ごすことができました。 さて、その席で「会社に不満を持っているが、どうすればいいのか分からない。」という相談と、「独立を考えているが、私が独立を決断した時の条件は何か。」という質問がありました。 アラサーにもなると、会社の仕事もある程度落ち着いてきて、将来の見通しも立てやすくなります。ただ、誰もが良い見通しになるとは限らず、自分の将来に対して不安を感じる人も少なくありません。 今回は、今の会社に不満がある人が考えるべきことについて、転職・独立という答えと、私の考えを紹介します。
副業・独立

ビジネスで「頑張った」は評価されない|努力や自己評価を客観的に行う重要性

どれだけ時間をかけ(努力し)ても、方向性が間違っていた場合は成果につながりません。 今回はビジネスで「頑張った」は評価されないこと、努力や自己評価を客観的に行う重要性についてお伝えします。
仕事について

仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない

社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。
仕事について

接客業に未来はない!!今すぐ転職先を探すべき6つの理由

今後5年から10年で接客業へのAIの導入や無人店舗の導入などが加速度的に進むことが予想されます。まだ大丈夫だろうと多くの方が油断している今のうちでしか、好条件での転職が難しくなる時代がやってきます。 今回は、接客業に未来がなく、今すぐ転職先を探すべき6つの理由についてお知らせします。
就活・就職

【就活生向け】大企業と中小企業で働くメリットとデメリットについて

親兄弟という身近な存在は大企業に勤めていて、私自身は中小企業、ベンチャー企業、起業と企業規模が段々小さくなるというキャリアを経ています。 なので、大企業しか知らない人よりも、中小企業しかしらない人よりも大企業と中小企業のメリットとデメリットについてお伝えできると思います。
仕事について

労働集約型の企業にいる限り給与が上がらない理由

仕事の効率化が叫ばれていますが、いくら技術が向上しAIが進化しても、どうしても人がやらなければいけない仕事もあると思います。ただ、段々人がやらなければならない仕事というものが少なくなっていくであろうことも容易に予想できます。
転職情報

35歳までに2回の転職をおすすめする理由

転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。
仕事について

現時点では崩壊している終身雇用制度のメリットとデメリットについて

終身雇用制度、今では形骸化していることは誰の目にも明らかですが、一向になくなる気配を見せることがありません。それなら、終身雇用制度にはなくしてはいけないほどのメリットがあるのでしょうか?今回は現時点では崩壊している終身雇用制度のメリットとデメリットについて考えます。
仕事について

貯金は半年分の生活費(約100万)は持っておいた方がいい

今回は社会人の方が持っておくべき貯金の金額について説明します。基本的には半年分の生活費として大体100万円ぐらいが最低金額になります。
Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!Better Stop Adblock
タイトルとURLをコピーしました