【放置少女】攻略情報まとめ

パパになる前に

学校

子どもを私立中学校に進学させるメリットとデメリット

子育ての方針を考えるうえで、重要な要素が私立中学の受験をすべきか、公立中学に通わせるべきかでしょう。 私は、自分が受けた教育と同じ、「高校までは絶対に公立学校に通わせる」方針でいくことにしていますが、私立中学の受験を行うメリットやデメリットについて、やらないにしても知っておく必要があると思い、今回の記事を作成しました。 中学受験を検討している親御さんの参考になれば幸いです。
2020.06.20
学校

今の時代に学校は子どもに行かせる価値のある場所なのか?

妻が妊娠16週を過ぎ、子どもの性別も分かるようになってきたところで、名付けを考えたり、教育方針について考えたり、パパになる前に準備することが増えてきたような気がします。 とは言え、妻とは違い、私には実感できるような変化はほとんどないので、割とのんびり毎日過ごしています。子どものことについては、「少し考える時間が増えたかな」程度です。 さて、今回は学校や学業に対する姿勢について考えようと思います。 私たちが子どもの頃と比べて、今の時代はインターネットがあるので、必要な情報が即座に入手できるようになってきました。 ここまで技術が進歩すると、ある程度の実力があれば、学校はなくても学問を修めるのに何ら不都合はないというのが私の考えです。 ただ、学校に行かせる必要がないとは考えていません。子どもは子どもたちとの関わりの中で成長するからです。
2019.06.12
妊活

妊活中に意識したのは義務感を排除して楽しむこと

妊活中に悩みやすいのが、「子作りが義務感の強いものになってしまう」ことでしょう。 私の場合、妻が積極的に子作りを楽しむタイプではないため、妊活を始めたばかりのころは、若干義務的な子作りとなってしまい、全く楽しめなかったのを覚えています。 今回は、私が妊活中に意識した義務感を排除して楽しむコツをお伝えします。
2019.06.12
暮らし

子育てに1LDKのマンションは狭いのか夫婦で話し合った結果

現在住んでいる1LDKのマンションについての意見が、私と妻で食い違いました。 こういった食い違いは、夫婦であれば日常茶飯事だと思います。 ただ、私の友人も1LDKのマンションに住んでいて、現在1歳ぐらいのお子さんがいます。そこの家庭でも、夫婦で1LDKのマンションについての意見が異なっていたようです。 もしかしたら、よくある話題かもしれないので、お互いの考えと話し合いの結果を共有しようと思います。 ちなみに、私は1LDKで十分派で、妻が1LDKだと狭い派でした。友人は、夫が1LDKだと狭い派で、奥さんが1LDKで十分派だったようです。今のところは1LDKに住んでいますね。
2020.06.20
タイトルとURLをコピーしました