【放置少女】攻略情報まとめ

FFⅤ

FFⅤFFⅤ

バッツやレナ、ファリス、ガラフにクルルがクリスタルを巡って冒険します。

忍者の「二刀流」や狩人の「みだれうち」で物理攻撃で大ダメージを与えられるようになったのもこの頃からです。

最終的に1男3女のハーレムパーティになるのもシリーズ通して珍しいですね。

FFⅤ

【FFⅤ】決戦を弾いてみた【ピアノソロ】

曲として未完成になってしまいましたが、2ヶ月ほど費やしてしまったのでUPします。 今回は【FFⅤ】決戦を、楽譜を持っていたので演奏してみました。難易度はバイエル終了程度です。
FFⅤ

【FFⅤ】最後の闘いを弾いてみた【ピアノソロ】

エクスデスとの死闘を終えたと思ったら、無に飲み込まれたはずのエクスデスがネオエクスデスになって復活した。 「わたしは ネオエクスデス すべての記憶 すべてのそんざい すべての次元を消し そして わたしも消えよう 永遠に!!」というセリフは有名ですね。 今回は【FFⅤ】最後の闘いを、楽譜を持っていたので演奏してみました。難易度はバイエル終了程度です。
FFⅤ

【FFⅤ】ビッグブリッジの死闘を弾いてみた【ピアノソロ】

FFⅤをプレイしたことのない人でも知っていることが多い曲です。 第二世界に突入してすぐ囚われてしまう、エクスデス城から脱出した際に、ビッグブリッジを通ります。最後に待ち受けているのはFFⅤで最もファンの多い敵キャラであるギルガメッシュです。 今回は【FFⅤ】ビッグブリッジの死闘を、楽譜を持っていたので演奏してみました。難易度はバイエル終了程度です。
FFⅤ

【FFⅤ】マンボdeチョコボを弾いてみた【ピアノソロ】

みんなご存知チョコボのテーマです。チョコボは現実世界でいうところの「馬」のような存在です。 FFⅤでは通常のチョコボの他に、森のみ着地でき空を飛んで移動できる黒チョコボも登場します。FFⅥでは飛空艇が移動手段の主流となっていて、チョコボは序盤のみの利用で、黒チョコボは登場すらしません。 FFⅦになると、ゴールドソーサーのチョコボレースというミニゲームで通常のチョコボだけでなく、山チョコボや川チョコボ、山川チョコボに海チョコボが出現します。海チョコボがいなければ最強の召喚獣ナイツオブラウンドが封印されたマテリアが入手できません。 FFⅧあたりからチョコボは出なくなっているようですが、FFシリーズと言えばチョコボという方は私を含めアラサー世代に多いことでしょう。 今回は【FFⅤ】マンボdeチョコボを、楽譜を持っていたので演奏してみました。難易度はバイエル80番程度です。
FFⅤ

【FFⅤ】王家の宮殿を弾いてみた【ピアノソロ】

今回は【FFⅤ】王家の宮殿を、楽譜を持っていたので演奏してみました。難易度はバイエル85番程度です。
FFⅤ

【FFⅤ】バトル2を弾いてみた【ピアノソロ】

FFⅤのボス戦と言えばこの曲です。FFⅤのボスは最序盤と中盤で苦戦するボスが多かったような記憶があります。最初に苦戦したのは幽霊船のボスでした。序盤のボスだから割と簡単に勝てるだろうと思って油断していると全滅してしまうこともあるボスです。また、比較的早い段階で闘える召喚獣のシヴァも、鍛えていない序盤で発見してしまった場合は苦戦必至です。
FFⅤ

【FFⅤ】街のテーマを弾いてみた【ピアノソロ】

街で流れるテーマです。FFⅤは街中にアイテムなどの宝が隠されていることも多く、探索がそれなりに重要なことでした。特に、序盤で手に入るジョブのシーフがパーティ内にいないと、隠し通路が見えないので、通常では辿り着けない場所のアイテムを取ることができませんでした。 今回は【FFⅤ】街のテーマを、楽譜を持っていたので演奏してみました。難易度はバイエル70番程度です。
FFⅤ

【FFⅤ】勝利のファンファーレを弾いてみた【ピアノソロ】

苦戦しても、楽勝でも、このファンファーレが鳴ると戦闘が終わったと感じますよね。 今回は【FFⅤ】勝利のファンファーレを、楽譜を持っていたので演奏してみました。難易度はバイエル70番程度です。 この記事をご覧の方には「【弾...
FFⅤ

【FFⅤ】バトル1を弾いてみた【ピアノソロ】

FFのバトル曲と言えばこれですよね。実際に遊んでいたのが小学生の頃なので、途中「こんな曲だったっけ?」という部分もありましたが、主題はFFシリーズでずっと変わっていません。 この頃は、剣の攻撃音が「パシュッ」という軽い感じでした。FFⅥになってからはもう少し斬りつけているような音に変わっています。 この曲が流れると、懐かしい戦闘場面を思い出す人も多いでしょう。当時苦戦したあの敵やこの敵を思い出しながら聴くといいですよ。
FFⅤ

【FFⅤ】レナのテーマを弾いてみた【ピアノソロ】

レナのテーマは切ないシーンや悲しいシーンで流れることが多く、悲しいイメージを持ってしまいがちですが、心優しいレナをよく表現した曲だと思います。本編でも、もう少しいいシーンで流れていれば印象も違ったでしょう。 今でこそ私はレナよりファリスの方が好きですが、当時は正統派ヒロインのレナが好きだったと思います。ⅣのローザやⅤのレナのように、当時のメインヒロインは奥ゆかしい印象があります。 Ⅳではリディア、Ⅴではファリスが、おてんばなサブヒロインとして描かれていることからも、時代背景が分かりますね。
FFⅤ

【FFⅤ】4つの心を弾いてみた【ピアノソロ】

FFⅤの第一世界でフィールド曲として使われています。 FFⅤを初めてプレイしたのは小学生の低学年ぐらいでした。当時は第一世界終盤のアダマンタイトの入手方法が分からず、ひたすらその時点で闘えるミニドラゴンを倒して忍者のジョブをマスターしていました。 当時は攻略サイトなどは全くなく、攻略本などの情報があてにならないこともあったので、詰まってしまうと全く進めなくなってしまうことがよくありました。
FFⅤ

【FFⅤ】ファイナルファンタジーⅤ メインテーマを弾いてみた【ピアノソロ】

メインテーマではありますが、やや暗い雰囲気のある曲です。実際に臨時記号の♭が利用されていることもあるぐらいで、ただ明るいだけの曲ではありません。 FFⅤからはⅣまでとは違い、パーティメンバーを好きなジョブ(職業)に就かせることができるようになっています。ラストダンジョンではAP(アビリティポイント)を多く獲得できる敵モンスターも出現するので、ここで全てのアビリティをマスターしたプレイヤーも多いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました